トップページ >プログラマーの仕事ってどんなもの?

プログラマーの仕事ってどんなもの?

プログラマーの仕事内容をはっきりとイメージできるという方は経験がなければなかなかいらっしゃらないと思います。プログラマーと聞くとかっこいいイメージがあるかもしれませんが、IT土方とも言われる程、泥臭い仕事になります。極端な表現になるかもしれませんが、解りやすくプログラマーというものがどんなものなのかについて説明しますので、少しイメージが沸くはずです。

 

働いてからプログラマーがどういったものなのかイメージが壊れてしまう方もいるかもしれませんが、正直最初から知っていればそういったこともないでしょう。
プログラマーというとプログラムを立ててバリバリ仕事をしているというイメージがあるかもしれませんが、基本的には納期もあり、仕事量もかなり多いです。仕事量が多いのはその人にしか出来ないことが多いのでどうしようもないのですが、それを納期までに終わらせないといけないので、残業も多くかなりの労働時間となってしまいます。

 

ただ、理不尽な要求というのは種類は違っても仕事をしている限り誰もが通る道でしょう。全ての理不尽を受け入れてしまえばもちろん参ってしまいますし、反発すれば居場所がなくなったりしますので、どう対処すればいいのかをしっかりと考えることが重要になります。

 

プログラマーの仕事に対して変な先入観や偏見があると、理不尽がおきたときにやっぱりと思ってしまうかもしれませんが、どこの業界でも理不尽なことがありますので変な先入観を持たないようにしましょう。